『地中海学研究』

地中海学会年報

XXX (2007)

  • ヘレニズム時代の巨大船 τεσσαρακοντηρης について
    丹羽 隆子
  • マーゾ・フィニグエッラと15世紀フィレンツェの素描文化
    伊藤 拓真
  • ラウネッダスの舞踊曲の「理論」と「実践」 ── ラウネッダス奏者の言説の考察を通して
    金光 真理子
  • <史料紹介> 紀元前4世紀アテナイの対外交渉と贈収賄
    佐藤 昇
  • <書評> 芳賀京子著 『ロドス島の古代彫刻』
    篠塚 千恵子
  • <書評> 金原由紀子著 『プラートの美術と聖帯崇拝 ── 都市の象徴としての聖遺物』
    京谷 啓徳
  • <書評> 大黒俊二著 『嘘と貪欲 ── 西欧中世の商業・商人観』
    和栗 珠里
  • <研究紹介> M. Thomatos, The Final Revival of the Aegean Bronze Age
    高橋 裕子