『地中海学研究』

地中海学会年報

XIII (1990)

  • 古代末期地中海世界とキリスト教 ―― 心性史的考察の試み
    松本 宣郎
  • 6世紀のビザンツ帝国東方領に於ける都市概念 ―― プロコピウス『建設について』に現れる戦略拠点としての都市
    篠野 志郎
  • エル・エスコリアルのベアトゥス写本挿絵 ―― 《第五のラッパの審判》について
    安發 和彰
  • 「キュビズムと装飾」試論 ―― 装飾/芸術をめぐる言説 1890~1914
    天野 知香
  • <研究動向> シエナの芸術 ―― 1980年代のイタリアを中心として
    上村 清雄  小佐野 重利
  • <研究動向> イスラムの都市性をめぐって
    三浦 徹
  • <書評> Zeynap Çelik, The Remaking of Istanbul — Portrait of an Ottoman City in the Nineteenth Century –
    坂本 勉