お知らせ

NEWS

第42回地中海学会大会(2018/6/9-10)

第42回地中海学会大会を2018年6月9日,10日(土,日)の2日間,
新宮市福祉センター(和歌山県新宮市野田1-1)において下記の通り開催します。

6月9日(土)
14:00~14:15 開会宣言    本村 凌二氏
          開会挨拶    田岡 実千年氏(新宮市長)
14:15~15:15 記念講演「熊野の魅力」林 雅彦氏(明治大学名誉教授)
15:30~17:30 地中海トーキング「世界の中の熊野」
         パネリスト:高木 亮英/松本 純一/奈良澤 由美/守川 知子/
         司会:秋山 聰 各氏
17:40~18:10 授賞式 地中海学会賞・地中海学会ヘレンド賞
18:10~18:40 総会
19:00~21:00 懇親会
6月10日(日)
10:00~12:00 研究発表
     「古代小麦の再評価におけるシチリア州小麦栽培試験研究所」牧 みぎわ
     「西行歌にみる海浜の風景―「海人」への視線」中西 満義
     「佐藤春夫と中国・台湾」辻本 雄一
     「二つの聖地風景―那智熊野とゲミレル島(トルコ、ムーラ県)のHodology」辻 成史
13:00~16:00 シンポジウム「聖なるモノ」
         パネリスト:山本 殖生/奥 健夫/太田 泉フロランス/加藤 耕一/
         司会:松﨑 照明 各氏

研究会のお知らせ(4/14)

テーマ:熊野における大会に向けて
発表者:林 雅彦氏,田村 義也氏,松﨑 照明氏,秋山 聰氏
日 時:4月14日(土)午後2時より
会 場:首都大学東京秋葉原サテライトキャンパス
(東京都千代田区外神田1-18-13 秋葉原ダイビル12階
JR秋葉原駅「電気街口」改札からすぐ,つくばエクスプレス秋葉原駅 徒歩2分,
東京メトロ日比谷線秋葉原駅・末広町駅 徒歩5分)
参加費:会員は無料,一般は500円

2018年度の第42回大会は,国際熊野学会との共催により新宮市で開催されることになりました。熊野は,日本最古の聖地の一つであり,神武東征,徐福伝説,熊野御幸,山岳修験,南方熊楠,佐藤春夫,中上健次など人文諸学にとってトピックの尽きることの無い地域です。そこで,今回は熊野にお詳しいゲストをお招きして,大会に備えることができれば,と考えています。国際熊野学会代表委員の林雅彦氏(明治大学名誉教授)に同学会の沿革等について,南方熊楠顕彰会学術部長の田村義也氏に熊楠と熊野の関わりについてお話しいただく予定です。

第42回地中海学会大会(2018/6/9-10)

第42回地中海学会大会を2018年6月9日,10日(土,日)の2日間,
新宮市福祉センター(和歌山県新宮市野田1-1)において下記の通り開催します(予定)。
詳細は決まり次第お知らせします。
6月9日(土)
14:00~14:15  開会宣言・挨拶  田岡実千年氏(予定)
14:15~15:15  記念講演  「熊野の魅力」 林 雅彦氏
15:30~17:30  地中海トーキング「世界の中の熊野」
          パネリスト:高木 亮英/松本 純一/奈良澤 由美/守川 知子/
          司会:秋山 聰 各氏
17:40~18:10  授賞式  地中海学会賞・地中海学会ヘレンド賞
18:10~18:40  総会
19:00~21:00  懇親会
6月10日(日)
 9:30~12:30  研究発表
13:30~16:30  シンポジウム「聖なるモノ」
          パネリスト:山本 殖生/奥 健夫/太田 泉フロランス/加藤 耕一/
          司会:松﨑 照明 各氏

第42回地中海学会大会(2018/6/9-10)

第42回地中海学会大会を2018年6月9日,10日(土,日)の2日間,
新宮市福祉センター(和歌山県新宮市野田1-1)において開催します。
最寄り駅(JR新宮駅)の到着列車の都合などを考慮して,
大会開始を通常より1時間繰り下げて,午後2時とします。
プログラムは決まり次第お知らせします。

研究会のお知らせ(2/17)

テーマ:自著を語る──『時がつくる建築』について
発表者:加藤 耕一氏
日 時:2月17日(土)午後2時より
会 場:首都大学東京 秋葉原サテライトキャンパス
(東京都千代田区外神田1-18-13秋葉原ダイビル12階
JR秋葉原駅「電気街口」改札からすぐ)
参加費:会員は無料,一般は500円
http://www.tmu.ac.jp/university/campus_guide/access.html

建築史とは,じつは新築の歴史であった。建築史学は,歴史上の建築を竣工年ごとに並べていく,いわば年代カタログであった。本書では,そうした既存の方法論を〈点の建築史〉と命名し,建設に要する長い期間や,建てられた後の時間変化に着目する方法論を〈線の建築史〉と命名した。ブローデルが呼んだ「長期持続」のなかで,建物がどのように変化したのか,そして長い時間のなかでもたらされる社会変動のなかで,人々の建築観がどのように変化してきたのかを論じていく。

事務局冬期休業期間

12月23日(土)~1月8日(月)

「地中海学会ヘレンド賞」候補者募集

地中海学会では第23回「地中海学会ヘレンド賞」の候補者を下記の通り募集します。
授賞式は第42回大会において行う予定です。
応募を希望される方は申請用紙を事務局へご請求下さい。
地中海学会ヘレンド賞
一,地中海学会は,その事業の一つとして「地中海学会ヘレンド賞」を設ける。
二,本賞は奨励賞としての性格をもつものとする。本賞は,原則として会員を対象とする。
三,本賞の受賞者は,常任委員会が決定する。常任委員会は本賞の候補者を公募し,その業績審査に必要な選考小委員会を設け,その審議をうけて受賞者を決定する。
募集要項
自薦他薦を問わない。
受付期間:2018年1月9日(火)~ 2月8日(木)
応募用紙:学会規定の用紙を使用する。

研究会のお知らせ(12/9)

下記の通り研究会を開催します。奮ってご参集下さい。

テーマ: 16世紀の空位期における都市ローマの統治状況
発表者:原田 亜希子氏
日 時:12月9日(土)午後2時より
(東京都千代田区外神田1-18-13秋葉原ダイビル12階
JR秋葉原駅「電気街口」改札からすぐ,つくばエクスプレス秋葉原駅 徒歩2分,
東京メトロ日比谷線秋葉原駅・末広町駅 徒歩5分)
参加費:会員は無料,一般は500円
http://www.tmu.ac.jp/university/campus_guide/access.html

独身が建前である教皇をトップに掲げる教会国家には、前教皇の死から新教皇の選出までの「空位期」が頻繁に存在した。本報告では教皇特有の権力の空白期に注目し、指導者不在の「危機的」状況における首都ローマの統治状況を都市政府の活動から考察する。ローマ都市政府が、枢機卿団や伝統的封建貴族層という都市ローマに権限をもつ他勢力とどのような関係を構築し、どのように空位期に対処していたのかを明らかにすることを目指す。

事務局夏期休業期間

8月1日(火)~9月1日(金)

『地中海学研究』XLI(2018)論文募集

『地中海学研究』XLI(2018)の論文・研究動向および書評を下記のとおり募集します。
論文・研究動向 32,000字以内
書評 8,000字以内
締切 2017年10月末日(必着)
投稿を希望する方は,テーマを添えて9月末日までに事前に編集委員会(j.mediterr@gmail.com)へご連絡下さい。「執筆要項」をお送りします。
本誌は査読制度をとっています。