お知らせ

NEWS

研究会のお知らせ(2/17)

テーマ:自著を語る──『時がつくる建築』について
発表者:加藤 耕一氏
日 時:2月17日(土)午後2時より
会 場:首都大学東京 秋葉原サテライトキャンパス
(東京都千代田区外神田1-18-13秋葉原ダイビル12階
JR秋葉原駅「電気街口」改札からすぐ)
参加費:会員は無料,一般は500円
http://www.tmu.ac.jp/university/campus_guide/access.html

建築史とは,じつは新築の歴史であった。建築史学は,歴史上の建築を竣工年ごとに並べていく,いわば年代カタログであった。本書では,そうした既存の方法論を〈点の建築史〉と命名し,建設に要する長い期間や,建てられた後の時間変化に着目する方法論を〈線の建築史〉と命名した。ブローデルが呼んだ「長期持続」のなかで,建物がどのように変化したのか,そして長い時間のなかでもたらされる社会変動のなかで,人々の建築観がどのように変化してきたのかを論じていく。

事務局冬期休業期間

12月23日(土)~1月8日(月)

「地中海学会ヘレンド賞」候補者募集

地中海学会では第23回「地中海学会ヘレンド賞」の候補者を下記の通り募集します。
授賞式は第42回大会において行う予定です。
応募を希望される方は申請用紙を事務局へご請求下さい。
地中海学会ヘレンド賞
一,地中海学会は,その事業の一つとして「地中海学会ヘレンド賞」を設ける。
二,本賞は奨励賞としての性格をもつものとする。本賞は,原則として会員を対象とする。
三,本賞の受賞者は,常任委員会が決定する。常任委員会は本賞の候補者を公募し,その業績審査に必要な選考小委員会を設け,その審議をうけて受賞者を決定する。
募集要項
自薦他薦を問わない。
受付期間:2018年1月9日(火)~ 2月8日(木)
応募用紙:学会規定の用紙を使用する。

研究会のお知らせ(12/9)

下記の通り研究会を開催します。奮ってご参集下さい。

テーマ: 16世紀の空位期における都市ローマの統治状況
発表者:原田 亜希子氏
日 時:12月9日(土)午後2時より
(東京都千代田区外神田1-18-13秋葉原ダイビル12階
JR秋葉原駅「電気街口」改札からすぐ,つくばエクスプレス秋葉原駅 徒歩2分,
東京メトロ日比谷線秋葉原駅・末広町駅 徒歩5分)
参加費:会員は無料,一般は500円
http://www.tmu.ac.jp/university/campus_guide/access.html

独身が建前である教皇をトップに掲げる教会国家には、前教皇の死から新教皇の選出までの「空位期」が頻繁に存在した。本報告では教皇特有の権力の空白期に注目し、指導者不在の「危機的」状況における首都ローマの統治状況を都市政府の活動から考察する。ローマ都市政府が、枢機卿団や伝統的封建貴族層という都市ローマに権限をもつ他勢力とどのような関係を構築し、どのように空位期に対処していたのかを明らかにすることを目指す。

事務局夏期休業期間

8月1日(火)~9月1日(金)

『地中海学研究』XLI(2018)論文募集

『地中海学研究』XLI(2018)の論文・研究動向および書評を下記のとおり募集します。
論文・研究動向 32,000字以内
書評 8,000字以内
締切 2017年10月末日(必着)
投稿を希望する方は,テーマを添えて9月末日までに事前に編集委員会(j.mediterr@gmail.com)へご連絡下さい。「執筆要項」をお送りします。
本誌は査読制度をとっています。

研究会のお知らせ(10/14)

下記の通り研究会を開催します。奮ってご参集下さい。

テーマ:スペイン映画「オール・アバウト・マイ・マザー」の女性表象とスペイン・地中海文化性
発表者:矢田 陽子氏
日 時:10月14日(土)午後2時より
(東京都千代田区外神田1-18-13秋葉原ダイビル12階
JR秋葉原駅「電気街口」改札からすぐ,つくばエクスプレス秋葉原駅 徒歩2分,
東京メトロ日比谷線秋葉原駅・末広町駅 徒歩5分)
参加費:会員は無料,一般は500円
http://www.tmu.ac.jp/university/campus_guide/access.html

スペインを代表する映画監督ペドロ・アルモドバルの作品で,2000年にアカデミー賞最優秀外国語映画賞を受賞した「All about my mother」の女性表象を,地中海の古代神話に存在し「母なるものの原型」とされる「大いなる女神」の象徴性と,スペインの特徴とされる「聖母マリア崇拝」の二点から分析し,この二つの観点が如何に現代スペインの女性アイデンティティに影響しているのかを明らかにしていく。

研究会のお知らせ(7/15)

下記の通り研究会を開催します。奮ってご参集下さい。
テーマ:シチリアにおける海事秩序形成過程──14世紀の請願と海事規定から
発表者:髙橋 謙公氏
日 時:7月15日(土)午後2時より
会 場:首都大学東京 秋葉原サテライトキャンパス
(東京都千代田区外神田1-18-13秋葉原ダイビル12階
JR秋葉原駅「電気街口」改札からすぐ,つくばエクスプレス秋葉原駅 徒歩2分,
東京メトロ日比谷線秋葉原駅・末広町駅 徒歩5分)
参加費:会員は無料,一般は500円
http://www.tmu.ac.jp/university/campus_guide/access.html
13世紀から14世紀にかけて、地中海世界には多くの海事法が成立した。中世シチリア王国では、王権主導の海事規定と都市主導の海事規定が形成され、それぞれが銘々に考察されたために、両者の関係性について明確に示されていない状況である。本報告では、各法規定に定められた内容を整理しつつ、シチリアの港湾や海域に関する係争事例や請願文書の分析を通して、都市と王権双方の側から14世紀の海事秩序が形成される過程を描出したい。

第41回地中海学会大会(学会設立40周年記念大会)

地中海学会第41大会ポスター決定稿第41回地中海学会大会(学会設立40周年記念大会)を2017年6月10日(土),11日(日)の2日間,
東京大学本郷キャンパス(文京区本郷7-3-1)において下記の通り開催します。

6月10日(土)
13:00~13:10 開会宣言・挨拶   青柳 正規氏
13:10~14:10 記念講演
HOW TO WRITE THE HISTORY OF THE SEA   デイヴィッド・アブラフィア氏
14:25~16:25 地中海トーキング 「地中海学会の40年」
パネリスト:樺山 紘一/木島 俊介/陣内 秀信/武谷 なおみ/司会:末永 航 各氏

16:30~17:00 授賞式    地中海学会賞・地中海学会ヘレンド賞
17:10~17:40 総会
18:00~20:00 懇親会

6月11日(日)
9:30~12:30 研究発表
「古代エジプト,クフ王第2の船の船体上部における木造技術について」柏木 裕之
「古代末期美術におけるエジプト・トレードマーク図像の可能性――ヴィア・ラティーナ・カタコンベ壁画の図像生成」宮坂 朋
「レモンから見る中世地中海世界の食生活の特質――12 世紀アイユーブ朝サラディンの宮廷医イブン・ジュマイウ『レモンの効能についての論考』を中心に」尾崎 貴久子
「モデナ大聖堂ファサード彫刻図像――古代の大理石再利用と図像の関係をめぐって」桑原 真由美
「アルテミジア・ジェンティレスキとトスカーナ」川合 真木子
「『朝の歌』mattinataの魅惑」横山 昭正

13:30~16:30 シンポジウム 「地中海学の未来」
パネリスト:新井 勇治/片山 伸也/貫井 一美/畑 浩一郎/藤崎 衛/司会:小池 寿子 各氏

*参加費(2日間):会員1,000円、非会員2,000円/[記念大会特別]非会員1日のみ1,000円

[記念講演について、公益財団法人 石橋財団の寄付助成を受けています]

第41回大会記念講演(デイヴィッド・アブラフィア教授)に関連する講演会のご案内

◆公開講演会◆
講演タイトル:The Contested Seed of Abraham (争われる種/起源としてのアブラハム)
講演者:アンナ・サピア・アブラフィア(オックスフォード大学神学哲学部教授)

講演内容:本講演では、3つの一神教をさす「アブラハムの宗教」(Abrahamic Religions)という用語が何を意味するのか、そして過去を研究し現在を考えるにあたってこの用語がどれほど有効であるのかについて論じる。その際キリスト教徒、ユダヤ教徒、イスラム教徒のあいだで、それぞれのアイデンティティを巡ってそれぞれの思想が交錯していた歴史的状況の意義を、グローバルな文脈のなかで考察する。

講演者略歴:1952年生。ケンブリッジ大学講師をへてオックスフォード大学神学哲学部教授。主要業績に、(ed. with G. R. Evans), The Works of Gilbert Crispin, Abbot of Westminster (Oxford U.P., 1986); Christians and Jews in the Twelfth-Century Renaissance (Routledge, 1995); (ed.), Religious Violence between Christians and Jews: Medieval Roots, Modern Perspectives (Palgrave MacMillan, 2002); Christian-Jewish Relations, 1000-1300: Jews in the Service of Medieval Christendom (Routledge, 2011) がある。

日 時:2017年6月9日(金)17時-18時(講演後質疑応答)
場 所:東京大学本郷キャンパス法文1号館214番教室
言 語:英語(翻訳原稿あり)
司 会:高山博(東京大学大学院人文社会系研究科教授)
主 催:KAKEN(課題番号15KK0062)
後 援:西洋中世学会
連絡先:小澤実(立教大学文学部准教授)E-mail:m-ozawa@rikkyo.ac.jp