『地中海学研究』

地中海学会年報

XLI(2018)

  • 中世イスラーム世界のレモン利用と伝播に関する一考察
    ──なぜ12世紀に『レモンの書』は編纂されたのか──
    尾崎 貴久子
  • ギルランダイオ兄弟とその工房をめぐる言説と実態
    ──ジョルジョ・ヴァザーリ『美術家列伝』の記述の検討を中心に──
    伊藤 拓真
  • ボローニャ、パラッツォ・ラッタ≪トロイアから脱出するアエネーアース≫
    ──その文献上の典拠に関する一考察──
    山本 樹
  • ドラクロワの初期歴史画における技法の問題
    ──≪キオス島の虐殺≫のギリシア人の肌の表現をめぐって──
    湯浅 茉衣
  • <研究ノート>古代エジプト、クフ王第2の船の甲板室に用いられた建造技術について
    柏木 裕之
  • <研究ノート>アルテミジア・ジェンティレスキとナポリのフィレンツェ人コミュニティの関係
    川合 真木子
  • <講演>いかに地中海の歴史を書くか
    デイヴィッド・アブラフィア [訳]髙橋 謙公
  • <書評>鷹木恵子著『チュニジア革命と民主化──人類学的プロセス・ドキュメンテーションの試み』
    岩崎 えり奈