カテゴリー別アーカイブ: 図書紹介

豊田浩志編『モノとヒトの新史料学――古代地中海世界と前近代メディア』勉誠出版

豊田浩志編『モノとヒトの新史料学――古代地中海世界と前近代メディア』勉誠出版

中川亜希

表紙画像

本書は、歴史学と考古学の接点を探り、歴史をみるための「モノ」に注目し編まれたものである。「はじめに」で指摘されているように、歴史研究で用いる史料と言えば「文書史料」が主であるが、それだけではそのような文書を残さなかった大多数の庶民の声は聞こえてこない。そこで本書では、15人の研究者がそれぞれ専門とする「モノ」を取り上げ、それら「モノ」を用いた新たな歴史学研究の可能性を提示している。

第1部ではオリエントで広く用いられた粘土板、中国で生まれ、西へと伝わった紙、そして地中海世界で長く用いられてきたパピルスと羊皮紙といった書写材について、誕生からの歴史や製法など、具体的に解説されている。活字化されたテキストを読むことを当然のこととし、それらテキストが残されていた書写材を実際に目にすることはほぼないため、普段、意識することもない。しかし「モノ」について知ることは、それを使っていた人々と社会について知ることであるという当然のことに、改めて気付かされる。余談ながら、筆者のボローニャ大学からの学位記は羊皮紙に記されている。本書で羊皮紙の大変な制作過程を知ってもなお、学位授与から手元に届くまで4年もかかったことは納得できないものの、現代における羊皮紙が「特別な文書」のためのものであることは理解できた。なお第1部の最終章で、紙の次の「書写材」として電子書籍が取り上げられ、古代史研究における利用について紹介されているのがありがたい。第2部「都市を読む」では、都市ローマにおける、コンスタンティヌス帝、セプティミウス・セウェルス帝親子、トラヤヌス帝の記念建造物が扱われる。本書の編者である豊田氏は、都市景観史学的観点を取り入れ、アーチ門(いわゆる「コンスタンティヌス帝の凱旋門」)と不敗太陽神の巨像(コロッセオの横のかつてのネロ帝の巨像)の位置関係、そして新バシリカ(いわゆる「マクセンティウス帝のバシリカ」)に置かれていたコンスタンティヌス帝の巨像の、同じ不敗太陽神の巨像への目線から、コンスタンティヌス帝の支配理念の中核がキリスト教ではなく、不敗太陽神信仰であったことを明らかにしている。「モノ」から歴史を見ようという本書の目的が十分に果たされ、本書の意図がよく分かる章と言えよう。第2部の残り2章と第3部で、コイン、建築、植物、食物、土器、ガラス、モザイク、フレスコの文字といった「様々なる『史料』」の性質、そこから分かることが解説される。

筆者も、古代ローマ史の研究や西洋史の授業で扱う史料は、結局、「文書史料」が大半であり、史料としての「モノ」の有効性を示すことの困難さを、日々、感じている。「文書史料」以外にどのような史料が存在し、それらから何が分かり、そしてどのような可能性が秘められているのか。文献史料のみに頼らない、これからの歴史学の入門書として広く読まれるべき書である。
 
[2016年3月発行 2,700円+税]

大月康弘著『ヨーロッパ 時空の交差点』創文社

大月康弘著『ヨーロッパ 時空の交差点』創文社

時空の交差点

時空の交差点に引き込まれて             草生久嗣

歴史家の教養に裏打ちされた流麗な文体に加え、自余の歴史紀行エッセイとは一線を画す特徴が本書にはある。読者は、執筆のその時その時にたまたま著者がたたずんでいた「時空」に、いきなり放り込まれるような体験をすることになるだろう。なぜ著者がそこにいるのか、どのような文脈がそこにあり、何を共に見ることになるのか、各回エッセイ本文を読み進めるうちにようやく明らかになるという趣向である。その行き先は、パリやギリシャの島嶼、イスタンブル、アナトリア南西部から東京都国立市に及ぶ。

本書で著者が試みているのは、旅先にて何らかのきっかけで気付く歴史感覚――著者は「時空の交差点」にいると表現する――の覚書、そしてその読者との共有である。きっかけとなるのは幾星霜経て今なお残る中世のイメージであったり、史書に立ち現れた中世人の姿であったり、著者がなつかしむ師の姿であったりする。またナクソス島の村人の声、ハルキ(ヘイベリ島)の修道士との語らい、刊行史料の一断片、ポーランド人大科学者のギリシャ語での自署サイン、様々なものが著者と読者を立ち止まらせる。

こうした感覚には、意識して旅をして大なり小なり思い当たるものがあるように思う。筆者の場合、たとえばある中欧の古都で、親しむ学問の大先達のかつてのオフィスに通され、ベランダから眼下の賑わいを見下ろした瞬間に「彼」と同じ風景を見ているのだと気付いた時がそうである。また旧王宮に敷設された古文書閲覧室の閲覧者リストに、名だたる研究者のサインが遺されている。それを見て、彼らが自分と同じ写本に向き合ったことがあるのだと知るときもそうである。これは、過去を単に懐かしむのとも、先人の足跡をたどって満足するのとも違う、何かを受け継ぎ、そして後につなげてゆくことになるという身が引き締まる感覚だったように思う。本書では著者の先師・先達たちの姿が著者を導いているのが印象的である。筆者も、かつてモンセギュール落城を描ききった専門の大先輩の逝去を知り、茫然としているところである。しかしやがては南仏あるいはマケドニアの風景の中で、その先達の影に出くわすのではないかと思っている。

本書にはすでに丁寧な内容紹介がなされており、(山内進『如水会々報』Aug-Sep 2016, 23; 坂口ふみ『創文』2016夏No.22, 7-9)、準備中のものもまだあると聞く。瀟洒な小著でありつつも、読書子の歴史感覚を刺激する良書といえよう。

[2015年12月発行 2,000円+税]

藤内哲也編著『はじめて学ぶイタリアの歴史と文化』ミネルヴァ書房

藤内哲也編著『はじめて学ぶイタリアの歴史と文化』ミネルヴァ書房

「はじめて学ぶイタリアの歴史と文化」.pdf

濱野敦史

本書は、おもに近代以前の時代に注目しながら、イタリアの歴史や文化を紹介することをねらって編集された入門書である。序章で指摘されるように、現在のイタリアの領域はながらく政治的に分断されていた一方で、そこには古くからさまざまな面での一体性が育まれてきた。それゆえ、イタリアの歴史や文化を理解するためには、多様性と普遍性の両方に目を向けながら、各種のテーマに取り組む必要がある。

本書は2部に分かれており、全12章から構成されている。第1章から第4章までの第I部では、古代末期から現代までの歴史を概観している。第II部に含まれる残りの8章では、章ごとに個別のテーマに注目している。そこでは、地中海世界とのつながり、教皇およびカトリック教会、都市社会、ユダヤ人問題といった歴史学的なアプローチに加えて、美術史、文学史、服飾史、建築史といった切り口からイタリアの特色があきらかにされる。また、各章のあとには「歴史の扉」という気軽に読める短文が、各章で扱われなかった論点を補足あるいは紹介している。各執筆者の解説は概説に近いものから個別の問題に踏み込んだものまであって、それぞれに個性的であるが、全体としてのまとまりはきちんと保たれている。

歴史学の視点から関心を引かれた点を一つだけ述べておきたい。本書では、イタリアをその外部や他者との関係から読み解こうとする試みがいくつか見られる。とくに、第5章「イタリアと地中海」では港町を通してイタリアが世界とつながっていた事実を再認識できる。また、第12章「『ゲットーの時代』のユダヤ人」からはヴェネツィアを例にキリスト教徒と内なる他者であるユダヤ人との共生がどのように成り立っていたのかが浮かび上がってくる。このような他者や異文化と向き合ってきた歴史もイタリアの無視できない一面である。こうしたテーマからもせまっていくことで、より多面的にイタリアを理解できることは疑いない。

初学者の立場からすれば、本書は興味を持てる章や部分から手をつけるのがよいだろう。たとえば、歴史の問題にあまり興味を持てない場合には、第II部の途中から読みはじめることも可能である。とはいえ、全体を読み通せば、初学者に限らず、イタリアについての知見を広められるにちがいない。本書にはイタリアの歴史および文化の案内書としての期待に十二分に応えられる内容が収められている。最後に、巻末には「読書案内」が備えられており、本書で扱われなかったテーマにも興味のある読者へ配慮がされていることを付け加えておきたい。

[2016年5月発行 3,200円+税]