S.K. のすべての投稿

藤内哲也編著『はじめて学ぶイタリアの歴史と文化』ミネルヴァ書房

藤内哲也編著『はじめて学ぶイタリアの歴史と文化』ミネルヴァ書房

「はじめて学ぶイタリアの歴史と文化」.pdf

濱野敦史

本書は、おもに近代以前の時代に注目しながら、イタリアの歴史や文化を紹介することをねらって編集された入門書である。序章で指摘されるように、現在のイタリアの領域はながらく政治的に分断されていた一方で、そこには古くからさまざまな面での一体性が育まれてきた。それゆえ、イタリアの歴史や文化を理解するためには、多様性と普遍性の両方に目を向けながら、各種のテーマに取り組む必要がある。

本書は2部に分かれており、全12章から構成されている。第1章から第4章までの第I部では、古代末期から現代までの歴史を概観している。第II部に含まれる残りの8章では、章ごとに個別のテーマに注目している。そこでは、地中海世界とのつながり、教皇およびカトリック教会、都市社会、ユダヤ人問題といった歴史学的なアプローチに加えて、美術史、文学史、服飾史、建築史といった切り口からイタリアの特色があきらかにされる。また、各章のあとには「歴史の扉」という気軽に読める短文が、各章で扱われなかった論点を補足あるいは紹介している。各執筆者の解説は概説に近いものから個別の問題に踏み込んだものまであって、それぞれに個性的であるが、全体としてのまとまりはきちんと保たれている。

歴史学の視点から関心を引かれた点を一つだけ述べておきたい。本書では、イタリアをその外部や他者との関係から読み解こうとする試みがいくつか見られる。とくに、第5章「イタリアと地中海」では港町を通してイタリアが世界とつながっていた事実を再認識できる。また、第12章「『ゲットーの時代』のユダヤ人」からはヴェネツィアを例にキリスト教徒と内なる他者であるユダヤ人との共生がどのように成り立っていたのかが浮かび上がってくる。このような他者や異文化と向き合ってきた歴史もイタリアの無視できない一面である。こうしたテーマからもせまっていくことで、より多面的にイタリアを理解できることは疑いない。

初学者の立場からすれば、本書は興味を持てる章や部分から手をつけるのがよいだろう。たとえば、歴史の問題にあまり興味を持てない場合には、第II部の途中から読みはじめることも可能である。とはいえ、全体を読み通せば、初学者に限らず、イタリアについての知見を広められるにちがいない。本書にはイタリアの歴史および文化の案内書としての期待に十二分に応えられる内容が収められている。最後に、巻末には「読書案内」が備えられており、本書で扱われなかったテーマにも興味のある読者へ配慮がされていることを付け加えておきたい。

[2016年5月発行 3,200円+税]

研究会のお知らせ(4月18日)

研究会のお知らせ(4月18日)

下記の通り研究会を開催します。奮ってご参集下さい。

テーマ:中世末期イタリア都市と奴隷 ─フィレンツェとピサの事例から
発表者:濱野 敦史氏
日 時:4月18日(土)午後2時より
会 場:東京大学本郷キャンパス法文1号館2階215教室
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_01_01_j.html
参加費:会員は無料,一般は500円

中世末期のイタリアでは、奴隷が利用されていた。地中海で活動したイタリアの商人は、こうした奴隷を黒海周辺などから持ち込んでいる。中北部イタリアにおいて、奴隷を購入したのは大都市の住民であった。本発表では、トスカーナの主要都市であるフィレンツェとピサの事例を取り上げ、そこでの奴隷という存在について考察する。従来の研究では取引や法的扱いにおもな関心があったが、それ以外の側面にも注目してみたい。

研究会のお知らせ(2月21日)

研究会のお知らせ(2月21日)

下記の通り研究会を開催します。奮ってご参集下さい。

テーマ:18世紀フランス啓蒙期におけるJ.=Ph.ラモーの音楽理論について
発表者:伊藤 友計氏
日 時:2月21日(土)午後2時より
会 場:東京大学本郷キャンパス法文1号館2階215教室
参加費:会員は無料,一般は500円

J.=Ph.ラモー(1683-1764)はフランス・バロック期における作曲家としてと同時に,西洋音楽理論史において『和声論』(1722年)をはじめとする重要な著作を残した理論家としてその名をとどめた。本発表ではこの理論面に特化し,18世紀フランス啓蒙主義の知的潮流を背景として参照しながら,可能な限りラモーの理論書のテクスト,図版,譜例等に依拠し,ラモーが展開した音楽理論の諸特徴について考察する。